グラノーラ開発日記

グラノーラ開発日記グラノーラづくりから商品開発デザインまで、風の向くまま興味の赴くままいろんなものを作っています!

お金では買えないもの。作り手の喜びというのはこういうものなんです。

 

http://www.flickr.com/photos/33998704@N05/6570252585

photo by jerome.molnar

 

皆様、今日から冬休みという方も多く、昨日はきっと忘年会や場合によっては、少し遅目のクリスマスパーティーなんて方もおられたかもしれませんね。2014年も残すところ4日ですが、何卒ご自愛下さいませ。

 

先日アップしたエントリー、

 

 

そろそろ再販するよ。的なお話でしたが、以前販売していたのは8月頃までで、なんだかんだでこの4ヶ月グラノーラを販売することが出来ませんでした。毎度毎度販売する度、おやつマルシェさんのご協力やリピートで買ってくださる方、このブログの読者さんのお力で、すぐに完売となり、完全に赤字での製造でしたが、とても楽しく作らせて頂いておりました。それこそ幻のグラノーラなんていうぐらいご好評で、ありがたい限りでした。

 

 

そんなグラノーラ。再販できそうになってきたのはとても良かったのですが、正直な話、すごく不安でした。ただでさえ製造効率の悪いグラノーラ、大手メーカー品とは根本的に違うと言っても、“グラノーラ”のイメージで言えば同じもの。価格や販路を考えると到底太刀打ち出来そうにありません。また、この4ヶ月間、専門店だけでなく、“グラノーラ”という名前を使っただけのようなものも増え、かつてのブルーオーシャンはどんどん淀んできました。

 

どんなお仕事でもお客様というのは神様とまでは言いませんが、そのお仕事を支えてくれる大きな存在です。財産と言っても過言ではないと思います。そんなお客様を置き去りにしていた4ヶ月間。また販売できる!といっても、これまでのように買ってくださる確証なんて0と言ってもよいでしょう。むしろ、買ってくださっていたのに、突然やめたのだからマイナスな印象でもおかしくない。

 

そんな気持ちで迎えたクリスマス イブじゃなくて、アフタークリスマス?毎度おなじみ私の駄文の後にこんなコメントが、、、

 

f:id:K-granola:20141226121206j:plain

 

もう、泣くしかないですよね(つд⊂)エーン 非常にうれしいお言葉を頂きました。こんな私のグラノーラでも、喜んでくださる方がいる。当たり前のようでいて、忘れがちなこと、忘れちゃいけないこと。そんなことを思い出させて頂きました。

 

本当にありがとうございます。