アイデア・ノウハウ販売サービス アイマケ開発日記

アイデアやノウハウなど誰かの役立つ情報がお金にかわる『アイマケ』というサービスの開発日記です。

くまっちにっきスタンプ販売開始しました!

というわけで、先日作っていたスタンプの申請がようやく通りました! k-granola.hatenablog.com といっても、2週間前ぐらいに一度通っていたのですが、設定の問題で一度アップしてしまうと多言語を作った場合に申請できないたらなんたらございまして、後か…

LINEスタンプを作ってみよう!スタンプのつくり方続き

というわけで、昨日の続き。恥ずかしい下絵の続きをお披露目したいと思います。 【製作工程】 40種類の言葉(絵)を考える 言葉に合わせた絵を考える 下絵を書く 本番 修正 文字校正 申請 4.本番 ここからは単純明快。下絵を元に清書です。 もう、おやす…

LINEスタンプを作ってみよう!

というわけで、もはやグラノーラとは一切関係のないブログになりましたが、今更ながら以前から興味のあったLINEスタンプを作ってみることにしました。もう時既に遅し感はありありですが、売上はとりあえず置いておいて自分の使うスタンプほしいな〜というこ…

ピロリ菌除菌は7,650円で胃がん99%予防!

と、完全釣りタイトルですが、最近流行りのピロリ菌除菌をしてきました。昔、十二指腸潰瘍で吐血したことがあるから、まぁ、100%いるだろうなっと確信していたらやっぱり、大量にいましたよ(b´∀`)ネッ! 結果が20H以上だといるようですね。ざっと3倍だからド…

なんかレビューも無責任になるよね!映画『デッドプール』

なんで映画を観るかと言われたら、色んな経験を一番リアリティのある形で経験したいから。。。なんて、かっこつけた言い方をすることもありますが、基本的には楽しいからみているっていうだけ。 そんな感じで『デッドプール』を観てきましたが、やっぱりそこ…

amazon Fire TVが便利すぎてテンション上がる今日このごろ

ご存知の方からしたら何を今更ということなのかもしれませんが、AmazonFireTvが便利すぎるという宣伝。 近頃はVOD(ビデオ・オンデマンド)というのもだいぶメジャーになっており、Huluはじめ、色々とご契約されておられる方は多いと思います。数年前までは…

すごい邦画2016年ベスト級『ヒメアノール』

傑作! この作品は紛れもなく傑作です。出来るだけ事前情報なしで行ったほうが良いですが、非常に怖い作品なので、そういうのが苦手な人はやめましょう。 ただ、紛れもない傑作です! 古谷実の漫画原作ですが『ヒミズ』とは比べものになりません。本当は色々…

優しい映画『ぐるりのこと。』

『頑張ってるね。』その一言が大事。 男女のコミュニケーションと言うのは、きっと人類が誕生した時からずっと取れてなかったんだろうなぁ…とつくづく思う。トラウマ映画ではないですが、こういうジャンルの映画として代表的なのが『レボリューショナリーロ…

LGBTや生きることを思う映画『ヘドウィグアンドアングリーインチ』

人間を人間たらしめるのは圧倒的な思考回数である思った通り受けが良いようなので、泣ける映画を色々ネタに出来ればと思うのですが、以前から言っているように私が泣いた映画って5本にみたない…。内2本がアニメってんだからもう書きようがないわけで困ったも…

なぜだか驚くほど泣いた生涯ベスト映画『この空の花 長岡花火物語』

なんで、あんなにも泣いたのだろう…今もなおその理由がわからない。私が映画を見て泣いたのは5作にも満たないほど少ないのだが、先日紹介した『カラフル』の様に、この映画もそれはそれは泣けた。ただ、なぜ涙がでたのか、本当に謎なのだはっきり言ってこの…

泣けるどころじゃない号泣する映画『カラフル』

幸か不幸か、きっと不幸なんでしょうけれど、私がこれまで映画で涙を流したのは5本ぐらい。先日の『きっと、うまくいく』もその一本ですが、今回ご紹介するのもそのうちの一本。 映画館の最前列で肩を震わせて泣きました笑 もう少しでしゃっくりがでるぐら…

笑って泣ける最高のオススメ映画『きっと、うまくいく』は鉄板です!

これぞ映画!これまで何度も言っていることなので、読者の方はもういいよ…という作品かも知れませんが、この映画はほんとによいです!笑って、泣けて、ためになる!と、映画好きな人の中では最早鉄板ではありますが、インド映画というところと3時間というの…

映画『ジョンウィック』レビュー

イメージを持つことは往々にして損な結果を生んでしまう。とかくイメージをする事は大事だと言われるが、鑑賞対象に関してはその限りではないことは年を重ねれば重ねるほど痛感する。これまでの経験がイメージのハードルを上げ、そのイメージを越えるものな…

映画『海よりもまだ深く』是枝監督はいいね!

やっぱ、良いですよ…先日も書きましたがいい話って言うのはどうもしっくりこない。天邪鬼の面もあるのかもしれないが、関係性というものはいつだって相対的なバランスの中で成り立っている。だからってそれが極論的にギブアンドテイクの関係か?というとそう…

映画『64・前編』レビュー

こういう邦画大作ってこの間の『永遠の0』の話じゃないですが、普段はあんまりみないんですよね。100%に近い確率で失望するから、でもなぜか、レビューはやたら良いというのが定番。代理店がやってるんだろうけどさ〜なんて。 でも!今年は『ちはやふる』と…

映画『フレンチアルプスでおきたこと』レビュー

信頼というものはどうしてこうも脆く儚いのだろうかww同系列映画として『おとなのけんか』があるが、個人的にはこっちが好き。観る前の印象はミステリーか、サスペンス的なものかなぁと思っていたら、コメディかいΣ\(゚Д゚;)おいおいおいおいwwwって、コメデ…

映画『殿、利息でござる』純粋さとかなのかなぁ

確かにいい映画なんだとは思うよ。実話だそうだし…。数年前に大好評だった『永遠の0』。個人的には全くはまらなくて、3時間の長さを当時ミニシアターロングランが続いていた『きっと、うまくいく』と比較していた事に、世間とのギャップを感じたのだが、まさ…

映画『ひそひそ星』。館内爆睡

いや、わからんし…。園作品としては、『冷たい熱帯魚』や『ヒミズ』であれば聞いたことがある方もおられると思いますが、個人的には『希望の国』がすごく好きで、それ以降も一応見てはきました…。オープニングに福島の協力が流されるのと、震災当初に撮影し…

映画『カルテルランド』ザ・ドキュメンタリー

何が起こるかわからないからこそエンターテインメントって言うのはたまらない。 映画『悪の法則』以来カルテル系と言われれば、触手が動いてしまいます。ありえそうで絶対にありえないでいてほしいこと、それが日常にある世界。当事者たちからしたら、非常に…

DVDで『クリード』を見てない人とは話したくありません。

ネットTVが一般的になってきたこともあってか、日に日にレンタルで貸し出されるスピードが早くなってきましたね〜。という事で、最新レンタル作品でオススメの映画『クリード』レビューにしようと思います。言わずと知れた名作『ロッキー』の新章。ロッキー…

映画『アイアムアヒーロー』は面白い!

お化け屋敷とかホラー映画とか、なんでわざわざ驚かされにゃならんのだ!というのが、そういうものへの見解で基本的にホラー映画やスプラッターなどグロイものはあまり見たくありません。昔の園子温やカルテル系のは別として。個人的には映画は没入出来るも…

オススメ映画監督“原恵一”作品は見逃しちゃ損

2日に1回更新にしても流石に連日新作レビューというのは難しいので、昔見た作品を記憶の中でレビューしていこうと思います。という事で記念すべき第1回リバイバル作品は、『クレヨンしんちゃん 戦国大合戦』。新作の時も述べましたが『クレヨンしんちゃん』…

映画『シビルウォー・キャプテン・アメリカ』マーベルは単発で観るもんではありませんね

シビルウォー=内戦 マーベルシリーズは映画としては最適なエンターテイメント作品なので、基本的にはず〜っと見ています。見るたびに、やや半笑い感を覚えつつも、その男の子的高揚感は独特のもので、今回もヒーロー大合戦的全員集合バトルはやっぱり半笑い…

映画『ズートピア』普通ということ

http://www.disney.co.jp/movie/zootopia.html赤い靴履いてた女のコ、いーじんさんにつ〜れられて…。いつの間にか外国の方が近くにいるというのは、子どものに比べると日常的な光景になってきた。子どもの頃の滋賀県では外国の方など見かけることは皆無に等…

映画『クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』母ちゃん編

www.shinchan-movie.com 男と女の違いは子を産むことができるかどうかである。 よく言われることで、多分男には一生わかりっこない。比べるとしてはとても安っぽい話であるが、子どもの頃生え変わりに抜けた歯を取っていた人は多いと思う。その延長線であり…

映画『ちはやふる 下の句』は最高すぎた!

もうね。とりあえずみよう!ところどころ、福井弁てあんなんかなぁとか、その独り言口に出さなきゃ…みたいなのはありますが、そんなもんどーだっていい!私はこの映画が好きです!とかく、前後編の後編というのはテンションが下がりがちになるものですが、こ…

映画『太陽』にギャップを感じる

映画『サイタマノラッパー』で有名な入江悠監督作品。面白かったかどうかでいうと、個人的には全くハマらなかったが、肯定的な意見を見ていると映画と言うものの在り方って言うのは人それぞれだなぁとつくづく感じるものでした。とかく邦画の批評で挙げられ…

映画『スポットライト』は職人芸

ダンサーに憧れる。ダンスの全てには意味があり、その全ての意味を具現化させる為の肉体は彫刻の様に一切の無駄がないから。 な〜 んて、カッコつけた出だしですが職人さんとか好きです。その仕事の為に徹底的に磨き上げられた動きはリズミカルで淡々と繰り…

映画『ちはやふる 上の句』は滋賀県映画!

おもろいやないか〜い!( ´ ▽ ` )ノ 恥ずかしながら、ちはやふるが何の映画なのかも、百人一首?なにそれ?美味しいの?的にま〜ったく興味もなく、Kindleで1巻が無料だったからダウンロードしてみたものの、数ページで読むのをやめたぐらいで、広瀬すずさん……

映画『コップカー』と怒りを覚えた『ミラクルニール』

オーラって言うのはきっと人となりの事だと思う。特段ケヴィンベーコンが好きなわけではないが、ウィークエンドシャッフルで宇多丸さんが絶賛していたからついつい観に行っちゃいました。面白いかどうかというと、同じような感覚になった『ガーディアンズオ…